[top] [next]

京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科所蔵 イスラーム学貴重資料集成

(2) アラビア語貴重資料 <石版本> 1冊

 

イブン・ミブラド『ムハンマドの高貴なる系図

 イブン・ミブラド(ユースフ・イブン・ハサン・イブン・アブドゥルハーディー・イブン・ミブラド、909/1503年没)はマムルーク朝末期ディマシュクのハンバル派ウラマーで、多くの著作を残した。この『ムハンマドの高貴なる系図』は『最良の人の家系における預言者の系図』などの題名でも知られ、人類の始祖アーダムから始まる預言者ムハンマドの父祖や、ムハンマドの一族、教友などについての伝記である。
 この大判の石版本は、20世紀初頭にトルコで出版されたものと思われる。人名のアラビア文字を樹形図風にあしらい、その周りに各人についての解説を書き込む形になっている。

 

 


電子図書館ホームページ貴重資料画像に戻るコレクショントップページに戻る

Copyright 2003. Kyoto University Library