京都大学附属図書館 維新資料画像データベース


吉田松陰とその同志展 展示品 2

『吉田松陰画像附松陰自賛』

(尊攘堂・1799344・尊/軸149/貴)
[English]
解説:

 安政の大獄が進行する中、萩の野山獄に入れられていた吉田松陰も、安政6年(1859)5月に江戸へ護送されることとなった。そこで吉田松陰の門下生達は、同じ門下の画家松浦松洞に師の肖像を描かせ、松陰の自賛をもとめた。二十一回猛士は吉田松陰の号、日付の5月21(念一)日は、江戸護送の5日前である。

三分出廬兮諸葛己矣夫 一身入洛兮賈彪安在哉

心師貫高兮而無素立名 志仰魯連兮遂乏釋難才

讀書無功兮撲學三十年 滅賊失計兮猛氣廿一回

人譏狂頑兮郷黨衆不容 身許君國兮死生吾久齊

至誠不動兮自古未之有 古人難及兮聖賢敢追陪

 思父年少能知敬我、我是以深愛思父、思父無爲而死、是思父爲辜我、我害義而生是我爲負思父、思父室懸我像、兩心相照、一幅感深、辜負二字、天地豈容之哉。歳之五月念一二十一回猛士書


[関連人物]

松浦松洞  吉田松陰


[jpeg image]
[Sub-list of Sho'in]

[Menu of Sho'in]

[Menu of Ishin]

*[Home Page of Exhibition]

*[Home Page of Library]

Copyright 1997, Kyoto University Library