京都大学附属図書館所蔵 奈良絵本コレクション [妓王] (一般貴重書・86849・04-40/キ/1貴)

所蔵巻一覧

附図 4-40||キ||1貴 <86849> 上下2冊 写本 製作年,製作者,書写者不詳 五つ目袋綴 布目地杉色後補表紙 本文料紙:斐紙 見返:萩松木立絵斐紙 32.2×23.3cm 無辺界 毎半丁10行 標題は扉(内曇元表紙)による 後補書題簽書名:妓王 本文:漢字交り平仮名文 挿図:片面10図,見開5図,彩色(奈良絵本)

 『平家物語』に取材した作品。白拍子の祇王は平清盛の寵愛を受けていたが、仏御前の出現によりその愛を失う。祇王は世の憂さを悟り、母とじ・妹祇女と出家し、嵯峨に遁世する。後には仏御前も加わり、四人みな極楽往生を遂げた。
 本書は葉子十行本『平家物語』に近い本文である。坤巻末では、祇王ら四人の往生を語り終えたあと、弥陀本願・念仏による往生をすすめる文言が付される。

(京都大学附属図書館創立百周年記念公開展示会図録より)


[Home Page of Library]
[Home Page of Exhibition]

Copyright 1999. Kyoto University Library