「國女歌舞妓繪詞」は京都大学附属図書館が収蔵する稀覯書の一つである。大正三年当館の有に帰して以来、諸学者の注目喧伝するところとなり、これに関する論考もすでに相当の数に上っている。本書が我国演劇史上にもつ資料的価値についてはあらためていうまでもない。その間の説明は解説において詳である。

 諸般の研究に対し多大の価値を有する稀覯の文献を正確な複製によって公刊し、より広き利用に供することもまた有力な図書館の責務の一つでなくてはならない。当館所蔵の稀書を影印に付し、逐次複製頒布して広く学界の利用に供することは従来よりわれわれの大きい念願であって、すでにその遂行を見たものもあったが、戦後ことに多大の経費を伴う事などによって、その計画は常に中断し勝ちとなり、従って限られた研究者のみがその恩恵に浴し得るにすぎなかったことは、われわれの常に遺憾としたところである。ことに輓近においては海外諸国においてもこの種の文献の利用を要望する声が高く、これらの要請を満たし、互に貴重とする文書の利用をはかる方途については将来更に一層の真摯な考慮が払われなければならないと信ずる。今回この種の出版物には従来とかく考慮される事の少なかった英文に依る解説を併せ付したのも、学術資料の国際的利用を考慮に入れた結果であり、同時に当館が海外諸国の大学・研究所・有識の個人等より受けつつある好意に応える一つの方法たらしめようとしたためである。

 和文に依る解説は当館和漢書掛の水梨弥久・鈴鹿蔵両君が之を担当し、英文の解説は事務長小倉親雄君の執筆にかかるものである。これら三君が日常劇務の傍、これが刊行の一切を極めて短時日の間に、而も満足すべき成果をもって遂行した事については、まことに感佩に堪えないと共に、図書館員は単に司書事務に対する専門技術者たるに止らず、同時に研究者としての重大な責務を果し得るものでなくてはならないとする我々の持説を十分に充たして呉れた事に対しても心からの欣びを感ずるものである。

昭和二十六年三月三日

京都大学附属図書館図書館長 泉井久之助


[Table of Contents]

[Home Page of Library]
[Home Page of Exhibition]
Copyright 1996,2013, Kyoto University Library All Rights Reserved.
このページの画像の無断転載・不正利用を禁じます。