[現代語訳] [English Translation]

國女歌舞妓繪詞

[p. 3] お国歌舞妓鼠木戸の図

[p. 4] 文

みやこのはるの花ざかり(繰り返し)、
かぶきおどりにいでふよ。そもそも
これはいづもの国大やしろにつかへ申
しやにんにて候、それがしがむすめに
くにと申みこの候を、かぶきおどり
と申ことをならはし、てんか大へい
の御代なれば、みやこにまかりのぼ
り候て、おどらせばやと存候。

[p. 5] 出雲社頭の図

[p. 6] 文

ふるさとや、いづもの国をあとに見
て、すゑはかすみてはるの日の、なが
とのこうをすぎぬれは、かゝる御代
にもあふのしゆく、道せばからぬひろ
しまや、とひよるみやはいつくしま、
舟のとまりにならたのはま、つりする
わざはうしまどの、月にあかしのうら
づたひ、なをゆくすゑは世の中の、なに
はのこともよしあしの、若葉に風
のふくしまの、みなとの波のおさまれ
る、御代にはいまぞあふさかや、いそぐ
心のほどもなくみやこにはやく付
にけり。

[p. 7] お国旅中の図

[p. 8] 文

これははやみやこについて候ほど
に、こゝろしづかにらくやうの花を
ながめばやとおもひ候、おりしもはる
の事なれば、なにしあふたる花の
みやこ、こゝやかしこの花見のあそび、
花のたもとをかさねつゝ、いろいろ
のもすそをそめて、木の本ごとに
まどひして、うたふもいとゞおもしろ
し。

[p. 9] 花見の図

[p. 10] 花見の図

[p. 11] 文

そもそもみやこほとりの花のめい所、
ぢしゆごんげんの花のいろ、わしの
おやまにさく花は、りやうじゆせん
のはるかとうたがはれ、大はらやを
しほのやまの花ざかり、いまもみゆ
きやあふぐらん、さてまたかへりながむ
れば、大うち山の花ざかり、この
へどのゝいとざくら、せんぼんのはな
にしくはなしとうちながめ、あまみつ
神にぞまいりける(繰り返し)。いかに申
候、今日は正月廿五日きせんぐんしゆ
のしやさんのおりからなれば、かぶ
きおどりをはじめばやとおもひ
候。まづまづねんぶつおどりを

[p. 12] 文

はじめ申さう、くうみやうへん
   じやう
       十ぱうせかひ、
   ねんぶつしゆ
       じやうせつ
          しゆ
          ふしや、
   なむあみだ
       ぶつ
       なむあみだ、
   なむあみだ佛
       なむあみだ。

[p. 13] 文

   はかなしや、
       かぎにかけては
       なにかせん、
   こゝろに
       かけよ
       みだの
       みやうがう、
   なむあみだ佛
       なむあみだ。

[p. 14] お国念佛踊の図

[p. 15] 文

念佛のこゑにひかれつゝ(繰り返し)
ざいしやうの里を出ふよ。なふなふおく
にゝ物申さん、我をばみしりたまは
ずや、其いにしへの床しさに、こ
れまでまいり候てぞや。おもひよら
ずやきせんの中にわきてたれ
とかしるべき、いかなる人にてましま
すぞや、御なをなのりをはし
ませ。いかなる物ととひたまふ、我
もむかしの御身のとも、なれし
かぶきをいまとても、わするゝこ
とのあらざれば、これもきやうげん
きゞよをもつて、三ぶつてんぽう
りんのまことの道にも入なれば、

[p. 14] 文

かやうにあらはれいでしなり。

[p. 16] 名古屋山三郎霊来訪の桜庭の図

[p. 17] 舞台前の図([p. 14]のつづき)

[p. 18] 文

さては此世になき人のうつゝにまみ
へたまふかや、さしてそれともいは
しろの松のことのはかず(繰り返し)に、袖を
つらねてきたのなる、うこんのことゝ
いふがほの、花のなごりのたまかづら、かけ
てもおもひ出さるや、ことばのすゑに
て心へたり、さてはむかしのかぶき人
なごやどのにてましますか。
いやなごやとははづかしや、なごやか
ならぬ世のまじはり、人の心はむらた
けのふしぎのけんくわをしいだし
て、たがひにいまは此世にもなごや
がいけの水のあはと、はてにし
ことのむねんさよ、よし何事も
うちすてゝ、ありしむかしの一ふしを、

[p. 19] 文

うたひていざやかぶかん(繰り返し)。
あたゞうき世はなま木になたじや
となふ、おもひまはせばきのどくや
なふ。
あたゞおくにはゆのきにねこじや
となふ、おもひまはせばきのくすり。
よどの川せの水ぐるま、たれを
まつやらくるくると。
ちや屋のおかゝにまつだひそはゞ、
いせへ七度くまのへ十三度、あたご
さまへは月まいり。
茶やのおかゝに七つのれんぼよ
なふ、一つ二つはちはにもめされよなふ、
のこり五つみなれんぼじやなふ。

[p. 20] 文

風もふかぬにはやとをさいた
なふ、さゝばさすとてとくにもお
じやらひで、あたゞつれなのきみ
さまやなふ、そなたおもへばかどに
たつ、さむきあらしも身にしま
ぬ。

[p. 20] 桜下歌舞を見るの図

[p. 21] 山三郎お国ら歌舞の図([p. 18]のつづき)

[p. 22] 文

いかにおくにゝ申候、これははやふるく
さきうたにて候ほどに、めづらしき
かぶきをちと見申さう、いまのほど
はじやうるりもどきといふうたをうたひ
申候、さらばうたひきかせ申さんと、つゞ
みのひやうしうちそろへ、てうしをこそ
うかゞひける。
我が恋は月にむらくも花に
かぜとよ、ほそ道のこまかけて
おもふぞくるしき、

[p. 22] 枝垂柳の図

[p. 23] 歌舞の図([p. 20]のつづき)

[p. 24] 文

やまをこへ里をへだてゝ、人をも
身をもしのばれ申さん、中(繰り返し)
にうたにふしとはおもひ候へど、そ
れふくふへはよひのなぐさみ、こうた
は夜中のくちずさみとよ、あか
つきがたにおもひこがれてふくしや
くはちは、君にいつもそふてふ、別
て後はまたあふじき、はるさめ
のしだれやなぎのうちしほりたるを、
見るにつけても此はる葉にと。
世の中の人とちぎらば、うすく
ちぎりてすへまでとげよ、もみぢ
ばをみよ、うすひがちるか、こきぞ
まづちる、ちりての後はとはずと

[p. 25] 文

はれず、たがひにこゝろのへだゝ
れぬれば、おもふにわかれおもはぬ
にそふ、なさけは大事のものかの。
かぶきのおどりも時すぎて(繰り返し)、
けんぶつのきせんもかへりけれ
ば、なごやはなごりのおしさのまゝに、
まてしばし(繰り返し)、うたへやまへ
やひやうしにあはせてうつゝづみ
のとゞろ(繰り返し)となる神も、おもふな
かはよもさけじといひしも、いた
づらにわかれになれば、お国はな
ごりをおしみつゝ、また一ふし

[p. 26] 文

こそおどりける。おかへりあるかの
   なごさんさまは
        おくり申さうよ
   こはたまで、
        こわた山路に
      行暮て
       ふたりふしみの
   草まくら、
       八千夜そふとも
         なごさんさまに
       なごりをしきは
        かぎり
          なし。

[p. 27] 桜庭の図

[p. 28] 歌舞を見る図([p. 27]のつづき)

[p. 29] 歌舞の図([p. 28]のつづき)

[p. 30] 文

よくよく物をあんずるに、此おくに
と申はかたじけなくも大やしろ
のかりにあらはれいでたまひ、かぶき
おどりをはじめつゝ、しゆじやうの
あくをはらはんため、かゝるかぶきの
一ふしをあらはしたまふばかりなり、
あらありがたのしだひかな(繰り返し)。

[Table of Illustrations] [Table of Contents]

[Home Page of Library]
[Home Page of Exhibition]
Copyright 1996, 2013, Kyoto University Library All Rights Reserved.
このページの画像の無断転載・不正利用を禁じます。