京都大学学術情報リポジトリ Kyoto University Research Information Repository

京都大学学術情報リポジトリについて

京都大学学術情報リポジトリとは

「京都大学学術情報リポジトリ」は京都大学内で生産された電子的な知的生産物(学術雑誌掲載論文,学位論文,プレプリント,科学研究費報告書,COEプログラム研究成果,講義資料・教材,学会発表資料などのあらゆる学術情報)を永続的に蓄積し,誰もが無料で読めるようにWeb上で公開するものです。

リポジトリイメージ図←イメージ図

効果

  1. 京都大学学術情報リポジトリで公開したあなたの研究成果は、Google Scholar等のサーチエンジンを通して世界中から検索可能となり、より多くの研究者の目にふれ、研究活動の視認性を格段に高めます。 ...more
    リポジトリシステムで特徴的なのはOAI-PMH(Open Archives Initiative Protocol for Metadata Harvesting)という国際標準のプロトコルでメタデータをやりとりし,相互運用可能とする点です。このしくみにより国立情報学研究所のJAIROやミシガン大学のOAIsterといった全国規模,世界規模のリポジトリにメタデータが自動的にハーベストされ,検索される機会が増します。
  2. また,電子ジャーナルの隆盛などにも見られる通り,学術情報の流通は電子形態が主流を占めつつあります。電子的な知的生産物は即時性,広域性の点で従来の紙媒体の印刷や配送にくらべて遥かに優れていますが,その反面,常に散逸の危険をはらんでいます。京都大学学術情報リポジトリは電子的な知的生産物を貴重なコレクションとして大切に蓄積し、責任を持って後世へ継承していきます。また一元的に蓄積し公開することで、電子的な知的生産物の管理や公開の手間からあなたを解放します。
  3. 他にも,京都大学で生産された電子的な知的生産物を統一された窓口から積極的に公開することで、社会に対する本学の教育・研究活動の説明責任を果たすと共に、先進的研究成果を迅速に公開することで、大学の知名度・ブランドイメージを高め,知の創造と発信という大学の使命を側面より支えることになります。また研究成果を社会に還元することで、地域連携、産学連携をより一層促進することになります。

他大学の状況

このように学内で生産された電子的な知的生産物を蓄積し公開する試みは、すでに多くの大学で行われています。

国内では・・・
 北海道大学: HUSCAP
 千葉大学: CURATOR
 早稲田大学: DSpace at Waseda University など  more...
海外では・・・
 ミシガン大学: OAIster / Deep Blue
 マサチューセッツ工科大学: DSpace@MIT
 カリフォルニア大学: eScholarship
 ケンブリッジ大学: DSpace@Cambridge など
ユニークなリポジトリ・・・
 ミーニョ大学(ポルトガル): RepositoriUM − financial incentive による登録を推進している

▼世界で公開中のリポジトリは Registry of Open Access Repositories で一覧することができます。

体制

図書館協議会の下に「学術情報リポジトリ特別委員会」を設置し, 図書館機構としてリポジトリ事業を積極的に推進しています。