企画展 [主催京都大学附属図書館]


─大塚京都図コレクションと宮崎市定氏旧蔵地図─

展示会ポスター


 京都は、現存する日本最古の刊行都市図に始まり、 連綿と刊行が続く都市図によって、その時々の状況が表現されています。

 大塚京都図コレクションは、近世の刊行京都図の唯一の体系的なコレクションであり、単に市街の変化を伝えるにとどまりません。市街のみを表した地図から洛外を広く含む地図へと変化しつつ、観光地図としての性格を強め、さらに墨刷りから手彩色を経て色刷りへ、また木版から銅版へと、技術的に展開する地図出版の様相をも如実に示しています。

 宮崎市定氏旧蔵地図は、主としてヨーロッパで刊行された地図からなり、次第に精度を増す世界図によって、ヨーロッパにおける地理的知識の増大と世界観の変化をたどることができます。
 
 

 
開催期間:6月1日(金)〜6月30日(土) *月・火曜は休館
開催時間:午前9時30分〜午後4時30分 (入場は午後4時まで)
会   場:京都大学総合博物館(2階)展示室 博物館入館料が必要です。
交通案内はこちら
 
 
記念講演会
演   題:近世京都図の特性
講   師:金田章裕氏(京都大学大学院文学研究科教授)
日   時:6月12日(火)午後1時30分〜3時
会   場:京都大学附属図書館AVホール(3階)  入場無料





展示会の歩み電子図書館ホームページ附属図書館ホームページ

Copyright 2001. Kyoto University Library