setsumei.htm        は  じ  め  に


          この電子展示について


 このホームページは、京都大学附属図書館秋季展示会の電子版です。実際の展示品
とほぼ同一のものを御覧戴けます。御覧戴くにあたっては、下記の点についてご注意
下さい。

  1. ブラウザについて

     フレーム対応のブラウザでご覧下さい。
    (Netscape Navigator 2.0 以上 / Internet Explorer 3.0 等)。
    (なおNetscape Navigator については、できれば 3.0 をおすすめ致します)。
     フレーム未対応のブラウザでは、御覧戴くことができないページがあります。

  2. ディスプレイの解像度について

     原本を画面上で判読して戴く為に、画像サイズを大きくしてありますので、
    画面の解像度は 1,024×768 pixel 以上に設定されたうえでご覧になることを
    お勧めします。


          WWW版今昔物語集について


 当館所蔵の鈴鹿本「今昔物語集」を電子化して提供するものです。
 ご覧いただくにあたっての注意点をご案内いたします。

  1. 本文画像について

     画像は修復のときに撮影したものです。1枚の紙を2つに折って和綴じされ
    ていたものを、開いた状態で撮影してあります。従って修復後の、元のとおり
    に綴じられたものとは、見開きが違っています。

  2. テキストについて

     テキストは、原文を読んでいただく場合の一助となるようにとの考えで添付
    したものです。以下の方針で作成してあります。

    1. 体裁について
      1. 物語名は太字にする。
      2. 原文の改行位置に合わせて、改行する。
      3. ページの切れ目に、空白行を一行入れる。
      4. 句読点・カギかっこ等記号類を適宜挿入する。

    2. 字体について
      1. できるだけ原文に近い字を採用する。
      2. 該当する字体はないが、意味的に同じものが現在の字体にある場
        合はそれで代用する。
      3. 代用できる字もない場合は、読みを[ ](角括弧)に入れて表示
        する。
      4. 読みもわからない場合は、●で表示する。

  3. その他

     画像はカラーで、サイズ的にもかなり大きなものとしました。JPEG形式で圧
    縮してありますが、それでも100Kバイト前後となり、転送にはかなり時間がか
    かります。あえてこのようにした理由は、次の2点です。

    1. 原本の文字が読めないと、このホームページの本来の目的である画像デ
      ータベースとしての意味がないこと。(テキストを読むのであれば、他
      に解説書は多数存在する。)
    2. モノクロ画像とすると、画像のサイズは小さくなるものの、墨書と原本
      の汚れや傷みとを区別できないところが出てくること。
 作成にあたっては、本学文学部大学院生 柴田芳成 氏の全面的な協力を得ました。


              京都大学附属図書館 電子展示作業班 (山田・忽那)


[Home Page of Konjaku]

[Home Page of Library]