万葉集(萬葉集)は、現存する最古の和歌集です。760年前後に編集されたといわれています。全20巻、約4500首、天皇・皇后から庶民まで、また仁徳天皇の代(4世紀)から奈良時代まで、あらゆる身分の人の、あらゆる時代の歌が収録されています。誰の手によって成立したのかは不明ですが、大伴家持(717?-785)が最終的な編集に大きな役割を果たしたと考えられています。
 万葉集に特徴的な和歌として、感情や自然の雄大さを素朴に表現したもの、庶民のこころを描いたもの、関東・東北地方を舞台にして詠まれた「東歌」や、筑紫・九州北岸地方での軍備・警護のために連れてこられた人々の哀しい「防人歌」などがあります。
 主な歌人:額田王・柿本人麻呂・山上憶良・大伴旅人・大伴家持など。
 歌の種類:5・7・5・7・7の短歌がほとんどですが、5・7・5・7・・・がずっと続く「長歌」や、その長歌のあとに詠まれる「反歌」など、特徴あるスタイルの歌が多く収録されています。「古事記」「日本書紀」のように5と7の組み合わせがはっきりしていなかった時代と、「古今集」のように5・7・5・7・7の短歌中心の時代、その間に位置します。
 万葉仮名:まだひらがなやカタカナがなかったころ、日本語のヨミを書きあらわすために、漢字が使われていました。(例  袖ふる=袖布流)  このような漢字の使い方が万葉集に多く見られるため、「万葉仮名」と呼ばれています。この万葉仮名が基本となって、のちにひらがな・カタカナがうまれました。
 

Copyright 2002. Kyoto University Library