京都大学学術情報リポジトリ Kyoto University Research Information Repository

コンテンツの登録について

コンテンツを登録するには

論文等の登録・公開を希望される方は,附属図書館電子情報掛までご相談ください。
コンテンツは図書館で代行登録しますが,いただいたコンテンツが出版社等との権利関係・著作権上の問題がないか調査した上で登録,公開します。

登録資格について
京都大学の構成員,または構成員だった方ならどなたでも資格があります。ただし,当該コンテンツの作成に関与した方でなければなりません。登録したコンテンツは,他機関へ転出,卒業といった場合でも削除する必要はありません。
対象となるコンテンツについて
京都大学における教育・研究活動によって生み出された学術成果・知的生産物であればあらゆるものが対象となります。具体的には,学術雑誌掲載論文,学位論文,紀要論文,科学研究費補助金成果報告書,プレプリント,テクニカルペーパー,学会発表資料,講演会・シンポジウム発表資料,講義録,教材等です。
コンテンツの送付について
電子ファイルがある場合(容量が小さいもの) →電子メールに添付してお送りください
電子ファイルがある場合(容量が大きいもの,コンテンツが多数に上る場合) →CD-R等のメディアに入れて学内便等でお送りください
紙媒体しかない場合 →紙媒体そのものを学内便等でお送りください。図書館で電子化します

※コンテンツ送付の際は、リポジトリ登録申請・許諾書[Word版]を添付して(あるいはリポジトリ登録申請・許諾書[txt版]をメール本文に記載して)お送りください。

また、メタデータ(そのコンテンツに関する情報。タイトル,著者,出版者,掲載ページ,キーワード等々)も一緒にお知らせください。
記述例: 岡田知弘. グローバル経済下の自治体再編 ―「平成の大合併」の構図と位相―. 經濟論叢. 173(1), 114-140. 2004.
ファイル形式について
PDF,Word,Excel,パワーポイント,TeX等形式は問いません(セキュリティ上の観点からPDFに変換することを推奨します)。また,本文と図表が別々のファイルになっていてもかまいません。図書館で一つに合わせてPDF化します。ただし,出版社のように美しいレイアウトはできませんので,その点はあらかじめご了承ください。

学位論文のリポジトリ登録申請・許諾手続きについて

学位論文は、京都大学の研究・教育の成果のなかで重要なもののひとつです。
平成25年度以降の博士学取得者の皆様は、リポジトリでの公表が義務化されています。
学位申請手続きにリポジトリ登録手続きが含まれていますので、各研究科担当掛の指示に従ってデータや様式を提出してください。
平成24年度までの博士学位取得者の皆様で、全文公表をご希望の場合は、登録申請書をお送りください。

特に下記のコンテンツを募集します

上述したように,対象となるコンテンツとしては多くのものがありますが,特に学位論文,科研費報告書,学会発表資料等は貴重な学術成果の割には部数も少なく,利用しづらい資料です。

学位論文
電子ファイルがあればお送りください。紙媒体しかない場合は現物をお送りください。ただし,博士論文は附属図書館で所蔵していますので,許諾さえいただければ図書館で電子化します。
科研費報告書
電子ファイルがあればお送りください。紙媒体しかない場合は現物をお送りください。ただし,科研費報告書は1988年以降であれば概ね附属図書館で所蔵していますので,許諾さえいただければ図書館で電子化します。

その他,京大の個性的な研究が満載の紀要論文,先端的な研究成果である学術雑誌掲載論文も積極的に登録を進めていきたいコンテンツです。

紀要論文
各部局,専攻等の発行する研究紀要を創刊号からまるごと電子ジャーナル化しませんか。図書館が電子化し,公開スペースを確保し,後世へ伝えていきます。
学術雑誌掲載論文
別項で説明したように,学術成果のオープンアクセス化の流れの中で学術雑誌掲載論文の著者最終稿をセルフアーカイブすることを許諾する出版社が多数を占めています。従前の学術コミュニケーションが機能しにくくなっている現状を補完する有効な手段です。