平成14年度京都大学附属図書館公開展示会
>>「学びの世界」目次
II: 『幼学指南鈔』とその周辺―日本での受容―
3: 幼学書と孝子説話
〔II-3-3〕


山東省嘉祥縣武氏祠 武梁石室第一石(全体) (図録p.82上)

〔II-3-3〕 山東省嘉祥縣武氏祠 武梁石室第一石(右壁)拓本 人文科学研究所
 後漢(150年前後)刻 刻者不明
 後漢時代の墓である武氏祠の画像石は、最も古い時期の孝子説話を伝える第一次資料である。この右壁拓本の第二段目に描かれるのが孝子伝図であり、丁蘭図はその左端にある。図中上部には「丁蘭二親終/歿立木爲父/鄰人假物/報乃借與」という銘文が見られる。図中の三人の人物のうち、左端は父の木像、中央が丁蘭であろう。


電子図書館ホームページ貴重資料画像

Copyright 2003. Kyoto University Library